北海道産キクイモについて、生産から販売に至るそれぞれの専門分野の立場から研究を進め、その成果を共有します

キクイモとは?

  • HOME »
  • キクイモとは?

kiku01

キクイモ(和名)はキク科ヒマワリ属の多年草で、学名:Helianthus tuberosus 、別名は唐薯(からいも)、八升芋(はっしょういも)、アメリカイモ、ブタイモ、サンチョーク等で呼ばれ、全国に分布しています。

kiku02

原産地は、北アメリカ北部から北東部で、日本には江戸時代末期に飼料用として 伝来し、第二次世界大戦中は加工用や食料として栽培され、現在はほとんどが野生化しています。

kiku03

キクイモの主成分はイヌリン、オリゴ糖、食物繊維、ミネラルなどを含み特にイヌリンは血糖値の上昇抑制、コレステロール値の抑制作用があり、食物繊維には腸内環境改善効果等の機能性が立証されています。

kiku04

お気軽にお問い合わせください TEL 011-373-4553 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 北海道キクイモ研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.